ヒノキブン

愛知県・岐阜県・三重県の平屋・離れ・プレハブ住宅・ツーバイフォー住宅・狭小住宅はヒノキブンにお任せください。

  • 本社

    052-521-8554

  • 三重支店

    0594-78-0480

イベント情報・予約

お問合わせ

資料請求

アフターメンテナンス

HOME > アフターメンテナンス

アフターメンテナンス

ヒノキブンプレミアムクラブ

大切な家を長く快適に住むことができるように、
お得なメンテナンスパックをご用意いたしました!

製作中

保険・JIO

お家の維持保全のすすめ

どんな建物であっても、年が経つごとに自然劣化が進み、性能や機能の低下は避けられません。
長期にわたり快適な住環境を確保し、資産価値の維持を図るためには、計画的に適切な維持修繕を行うことが最も重要になります。
住まいの維持保全の必要性をご確認いただき、子・孫の代まで安心して住み続けることができる住まいを実現しましょう。

性能と美観の維持は便益になる

性能と美観の維持は便益になる 住宅を取得する平均年齢38.5歳→42~48年間、住宅のメンテナンスにより性能と美観を維持→【将来もたらされること】●子や孫へ引き継ぐ●いつまでも綺麗に保てる●老後のライフスタイルの多様化に対応●売価に反映される

資産価値の維持

資産価値の維持 住宅は人生最大の資産。メンテナンスやリフォームを実施し資産価値が維持される

長く大切に使うことは住居費の削減へ

長く大切に使うことは住居費の削減へ 90年間の住居費用は30年毎に建て替えるより90年耐用させることで削減できます。

長く安心して住み続けるために

長く安心して住み続けるために 骨組み(構造体)図

建物は柱や壁、床、土台、基礎といった骨組み(構造体)を健全に保つことが大切です。そのためには、骨組み(構造体)を保護している外装材や防水材の劣化状況を、定期的な検査によって確認し、適切にメンテナンスを行っていかなければなりません。

火災保険+地震保険

火災保険は当社提携代理店をご活用ください!!

当社は火災保険のお見積り・ご説明などにつき下記代理店と提携しています。

決して安い買い物ではないマイホーム。
万一の場合に備えて火災保険は欠かせません。

こんなことがあったんだけど、保険で対応できるかな?

なんていうことでも、当社提携の代理店ですからお気軽に何でも相談できます。
是非、当社提携代理店をご活用ください!

提携代理店活用のメリット

  •  保険専業のプロフェッショナルの代理店で、知識・経験ともに豊富です。
  •  保険商品について分かり易く丁寧に説明し、お客様にマッチする商品をご提案します。
  •  長期にわたるご契約でも、定期的にご訪問しアフターフォローを行います。
  •  万一の事故の際には、当社と連動している為、迅速な対応・復旧が可能です。

お客様の個人情報につきまして、火災保険のお見積りなど以外には使用しません。
個人情報のお取扱いについて同意された場合に提携代理店をご案内いたします。

提携代理店
担当:神戸 克仁

株式会社愛伸エージェンシー
名古屋市北区丸新町405番地 グリーンハイツ小川102号
TEL:052-901-5035 FAX:052-902-0248
担当:神戸 克仁

引受保険会社:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

マイホームオーナーの皆さまへ

マイホームぴたっと

あいおいニッセイ同和損保の「マイホームぴたっと」なら、大切なお住まいに、大きな安心をお届けできます!
「マイホームぴたっと」は「住居建物総合保険」のペットネームです。

  • 建物に関するさまざまな損害に備えられます。
  • 建物だけではなく、家財もしっかり補償します。
  • 地震保険をセットすることで地震や津波による損害を補償します。
  • 暮らしの中のトラブルは、住まいの現場急行サービスにお任せください。

建物・家財の補償

基本の補償

  ワイドプラン ベーシックプラン エコノミープラン
①火災、落雷、破裂・爆発
②風災・雹(ひょう)災・雪災   ※1   ※1   ※1
③水ぬれ、外部からの
物体落下等、騒擾(じょう)
×
④盗難 ×
⑤水災
※2 内容を変更することもできます
×
⑥破損・汚損等   ※3 × ×

●すべての事故共通で免責金額を「なし」「1万円」「3万円」「5万円」「10万円」のいずれかから選択することができます。
●家財または家財明記物件を保険の対象とする場合で「ワイドプラン」のとき、破損・汚損等による損害については、すべての事故共通で免責金額「なし」を選択したご契約であっても損害保険金に対して、1回の事故につき免責金額3,000円が適用されます。

※1 風災・雹(ひょう)災・雪災については、「損害の額が20万円以上の場合のみ補償されるタイプ(免責金額なし)」を選択していただくことも可能です。ただし、その場合は、すべての事故共通で免責金額は「なし」となります。

※2 水災については、水災の補償を「補償なし」にすることも可能です。また、共同住宅1棟契約以外の場合、「水災一時金のみをお支払するタイプ」を選択していただくことも可能です。共同住宅1棟契約の場合、保険の対象である建物の損害について、「建物保険金額に支払限度額割合10%または30%を乗じた額を限度額として損害保険金をお支払いするタイプ」を選択していただくことも可能です。

※3 破損・汚損等については、家財のみ破損・汚損等による損害を「補償なし」とすることも可能です(保険証券の「建物・家財等に関する補償」欄の中の家財の「事故の種類」欄「6破損、汚損等」に「×」が記載されます)。

事故の例

事故の例

(注1)通常の使用において発生するすり傷等の外観上の損傷・汚損であって、その機能に支障をきたさない損害については補償されません。
(注2)窓や戸などからの風、雨等の吹込みによる損害や雨漏り(漏入)等による損害は補償されません。

過去5年間の事故件数割合

建物の事故の約32%、家財の事故の約67%は、ワイドプランのみで補償対象となる破損・汚損等の偶然な事故が占めています。

(平成23~27年「住居建物総合保険」事故件数の割合)

事故の例

費用の補償

各プラン共通の費用の補償です。

自動セット
防犯対策費用特約

保険の対象である建物において、犯罪行為(警察署に届け出たものに限ります)が発生した場合に、再発防止のために建物の改造や防犯機器等の設置に必要な費用や、日本国内でドアの鍵が盗難にあった場合に、ドアの錠の交換に必要な費用を補償

自動セット
地震火災費用特約

地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災により、建物が半焼以上となった場合などに、臨時に発生する費用を補償(地震保険とは異なります)

火災保険金額の5%(300万円が限度)をお支払いします。ご希望により、お支払いする額を火災保険金額の30%(支払限度額なし)または50%(支払限度額なし)に変更することができます。

特別費用

建物の損害に対する損害保険金のお支払額が、1回の事故で保険金額に相当する額となり、ご契約が終了する場合に損害保険金の10%(200万円が限度)を補償

(注1)家財の損害については補償されません。
(注2)普通保険約款により補償されます。

事故時諸費用特約/災害緊急費用特約

事故発生に伴い臨時に発生する費用等を補償するオプション特約をご用意しています。

事故時諸費用

損害保険金にプラスして損害保険金の20%(※1)を補償します。(事故発生時に臨時に発生する出費等に充てることが出来ます。)各プランで損害保険金が支払われる場合に支払対象となります。(※2)

※1 支払割合を10%とすることもできます。
※2 支払対象事故を火災、落雷、破裂・爆発に限定することもできます。
(注)家財追加特約がセットされたご契約の場合、家財の損害保険金が支払われるとき(通過や預貯金証書等の盗難によるときを除きます)も事故時諸費用の支払対象となります。

災害緊急費用

火災、落雷、破裂・爆発事故による損害の復旧にあたり、支出した仮住まいや仮修理の費用などの必要かつ有益な費用の実費(保険金額の10%または100万円のいずれか低い額が限度)を補償します。

(注)家財は補償の対象となりません。

(2019年2月) B18-100195

このホームページは、概要をご説明したものです。ご契約にあたっては必ず引受保険会社の商品パンフレットおよび「重要事項のご説明 契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明」をあわせてご覧ください。また詳しくは「ご契約のしおり(普通保険約款・特約)」をご用意しておりますので、取扱代理店または引受保険会社までご請求ください。ご不明な点につきましては、取引代理店または引受保険会社にお問合わせください。

お気軽にお問合わせ・資料請求してください。

Copyright © 2019 HINOKIBUN.All rights reserved.

pagetop